普通のOLからパラリーガル(法律事務職員)に!


shoukai

リーガルハイ!の服部さん、カッコイイ :oops: 

私もあんな風にパラリーガルになれたらなあ・・・ :-( 

でも、私は法律のことなんて全然わからないし、
なんだかとても難しそう :-|

そもそも私みたいな普通のOLがパラリーガルになれる訳ないよね・・・

 

せっかく法律事務職員になりたいと思っても、
「OLの自分には無理そう」と早々に諦めていませんか?

 

そんなあなたに朗報です :-P 

実は・・・

法律事務職員として法律事務所に就職するために、
特別な資格や難しい法律知識は必要ないんです!

以下にひとつでも当てはまる人は、法律事務職員に向いています。

 

サポート業務が得意な人

弁護士が職務に専念できるような働きやすい環境を整えることが、
最も法律事務職員に求められるスキルです。

自分が先頭に立って何かをするより
誰かをサポートすることが上手な人は、
法律事務職員に向いています。

OLさんは、上司や営業マンのサポートを行ってきたでしょうから、
法律事務職員に向いていると思います。

 

事務処理能力に自信のある人

法律事務所の事務手続きは膨大な量にのぼります。
指示された事務仕事を、淡々と正確かつ迅速に処理するのが
比較的得意だという人
は法律事務職員に向いています。

OLさんは日々事務作業をしてきたでしょうから、
法律事務職員に向いていると思います。

 

向上心を持った人

法律事務所で取り扱う事件の種類は沢山あり、
当然、事務手続きも数えきれないほどあります。

日々自ら学んでどんどんスキルアップを図ろうとする
気持ちを持つ人
は、法律事務職員に向いています。

 

多少のタフさがありつつ明るい人 

法律事務所は様々な法的トラブルを扱う所で、とても忙しいです。
ショッキングな事件や深刻な問題も多くあります。
ですから、肉体的にも精神的にも多少のタフさは必要になります。

そんな職場だからこそ、いつも明るく元気に仕事のできる人は、
弁護士にとっても事務所にとっても必要とされます。

 

普通のOLだからって諦めないで、
一緒にパラリーガルを目指しましょう!

 


法律事務所に就職できる「AG法律アカデミー

個別無料相談会(説明会)のお申し込みは :arrow: こちらから