就職活動における書類選考の重要性について

rirekisho

皆さま、こんばんは。

普通のOLを法律事務のスペシャリストに変身させる
パラリーガル育成の専門家、高橋慎一です。

 

今回は、就活における書類選考の重要性について書こうと思います。

 

一般的に、就職活動における書類選考通過率は10%と言われています。

つまり、就活生にとって、
この10%圏内に入ることが最初の目標といえるでしょう。

 

時折、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる方式で

多方面に送れば1社くらい通過するよね。

と勘違いされている方をお見受けします。

 

しかしながら、その方式は、就職活動には全く当てはまりません

この通過する10%は、通るべくして通った10%の人間なのです。

言い方を変えると、出来の悪い履歴書や普通の履歴書は、
何社に応募しようとも10%の枠には入ることはまずあり得ません

10%圏内に入りたければ、
とにかく履歴書・職務経歴書を洗練されたものにする必要があります。

 

そして、洗練された履歴書・職務経歴書を作成すれば、
面接時にアピールすべきポイントも明確になり、
その後に待ち受ける面接もスムーズに進められます

 

就活生の皆さまは、

就職・転職活動における第一印象は書類審査によって決まる

し・か・も :idea: 

その書類の出来は最終的な採否に大きく影響する

ということをしっかりと肝に銘じておきましょう。

 

では、実際どのような書類が「洗練された書類」と言えるのでしょうか。

そこが一番難しいところですよね。

当然、応募先の規模や性格、職種等によって
求められている履歴書等は異なりますので、
「これならば絶対大丈夫!」という履歴書などは存在しません

応募先の会社の特徴を把握し、相手方が何を求めているかを掴み
「相手の求めるもの」に沿った内容で履歴書等を作成する必要がありますが、
その判断が、経験や技術が足りない一般人にはつきにくいのです。

 

書類選考における失敗の多くは、

志望動機が曖昧であったり、自己PRがうまく書けなかったり、
相手の求める情報を掴めずミスマッチを生じていたり、

そういった「技術上の問題」に起因すると考えられます。

 

どうしても書類選考が通らないという方は、
何社も何社も応募するのではなく、
思い切って専門家に頼ってみるのもひとつの方法だと思いますよ :-) 

 


法律事務所に就職できる「AG法律アカデミー

個別無料相談会(説明会)のお申し込みは :arrow: こちらから