「報告」で意識すべきは5W1H


houkoku

ここでは「報・連・相」のうちの
報告」について具体的に見ていきましょう。

法律事務職員が弁護士から指示を受けたときは、
必ず指示内容を復唱します。

ここでおさえるべきポイントは、5W1Hです。

誰が(Who)
何を(What)
どこへ(Where) 
いつまでに(When)
のよう(How)

ということをしっかりと確認しておきましょう。

また、報告は、結果のみならず、
必要に応じて中間報告も適度に行うようにしましょう。

 


法律事務所に就職できる「AG法律アカデミー

個別無料相談会(説明会)のお申し込みは :arrow: こちらから