パワハラから前向きに逃げよう1


LIG86_konnakaisyayameteyaruwa500 (1)

皆さま、こんにちは。
普通のOLを法律事務のスペシャリストに変身させる
パラリーガル育成の専門家、高橋慎一です :-) 

自殺するより転職を!

昨年11月28日、福井地方裁判所は、
福井市の消防設備会社に勤務していた男性(当時19歳)が
自殺したのはパワハラが原因だったと認定し、
当時の会社と上司1人に計約7260万円の支払いを命じる判決を下しました。

結果として遺族が勝訴した形になるのですが、
どんなに高額な慰謝料を受け取ったとしても大切な人は二度と帰っては来ません。

 

実際にパワハラの被害に遭った場合はどうすればいい?

ここで、一番よくないのは、我慢をしてしまうことです
人間の精神力には程度の差はあれ、必ず限界があります。
恒常的にパワハラにさらされながら我慢をしていると、
段々気が滅入って、徐々に正常な判断ができなくなってしまいます。

そうしているうちにうつ病にり患し、最悪の場合自殺に至ってしまいます。

パワハラに遭って「苦しい」と思う気持ちは、火災報知器のようなものです。
あなたの心は、全力であなたに「逃げてください。危険です。
はやく安全なところへ逃げてください。」と教えてくれているのです。

 

どのようにして、パワハラから前向きに逃げるのか?? 

なんとしても早く状況を打開しなければなりませんが、
具体的にどう行動すれば良いのか?が問題です。

こちらは次回、お伝えします。

 


法律事務所に就職できる「AG法律アカデミー

個別無料相談会(説明会)のお申し込みは :arrow: こちらから