知らずに使っていませんか?それは「バイト敬語」です。

baitokeigo

 

多くの方が、学生時代に何らかのアルバイトをされたことと思います。

社会人の準備として、アルバイト経験を積むことはとても大切です。

ただ、そのアルバイト経験がマイナスに作用してしまうことも :cry: 

その一例として、今回は「バイト敬語」について説明していきます。

 

バイト敬語」は、アルバイトが頻繁に使用する、間違えた敬語です。

間違えているにも関わらず、一見正しいように見える上に、
周囲も気付かずに間違えたまま使用しているため、
自分で気が付くことが難しいという特徴があります。

それでは以下「バイト敬語」を一緒に見ていきましょう!

 

「1000円になります。」

~になる」というのは、変化する場合に使用する言葉です。

お会計が1000円に変化するという訳ではないため、

この場合は「1000円でございます。」が正解です。

 

「1000円からお預かりします。」

~から」は格助詞と呼ばれ、
~から~まで」というように起点を表すときに使用する言葉です。

この場合は「1000円、お預かりします。」が正解です。

 

「1000円ちょうどお預かりします。」

ちょうど頂いた場合は、返すお釣りが存在しないため、
「お預かりします」という言葉は使用しません。

「1000円ちょうど頂戴いたします。」が正解です。

 

「レシートのお返しです。」

「お返し」というのは、
預かったものを返す場合に使用する言葉です。

レシートはお客様から預かったものではないため、
この場合は「レシートございます。」が正解です。

 

「こちらでよろしかったでしょうか?」

直前あるいは現在の行為について
「かった」と過去形を用いる点が間違いです。

「こちらでお間違えございませんか。」や
「こちらでよろしいですか。」が正解です。

 

「代金のほうは、1000円でございます。」

代金は「のほう」とぼかす必要がありません。

この場合「代金は、1000円でございます。」が正解です。

 

「辛い物も大丈夫です。」

「大丈夫」はビジネスシーンでは使用しません。

この場合「辛いものも食べられます。」と
「大丈夫」の内実をしっかり表現しましょう。

 

「アイスとホットどちらにいたしますか?」

「いたす」は謙譲語です。失礼にあたります。

この場合は「アイスとホット、どちらになさいますか?」が正解。

 

「明日はお休みさせていただきます。」

「させていただく」は、強い意志が込められた言葉ですので、
お願いをする際に使用するには適しません。

また、自分が休む場合に「お」を付している点も誤りです。

この場合は「明日は休みを頂戴します。」が正解です。

なお、自社の者以外に休みである旨を伝える場合は、
いただく」「頂戴する」という表現も間違いです。

「いただく」は他人に何かを与えてもらう意なので、

「休みをいただく」というのは、自社を持ち上げた表現だからです。

この場合は「あいにくですが」とクッション言葉を前置きしたうえ
「Aは本日休みをとっております。」と表現しましょう。

 

正しい敬語を用いることで、印象はグッと良くなりますよ :-P 

 


法律事務所に就職できる「AG法律アカデミー

個別無料相談会(説明会)のお申し込みは :arrow: こちらから