仕事とプライベートのケジメをつけよう(公私混同はダメですよ!)


arasa

 

勤務時間中は給与が支払われているということを
常に意識しなければなりません。

例え暇な時間であっても、
忙しい人の手伝いを申し出たり、
備品を整理したりするなど、
積極的に仕事を探すように努めましょう

また、会社の備品等を持ち帰ることは、
会社の内部利益を損なう行為なので絶対にやめましょう。

 

公私混同の例としては、以下の事柄が挙げられます。

・備品を持ち帰る

・勤務時間内に業務とは関係ない長話をする

・勤務時間内に私用のメールや電話をする

・勤務時間内にネットサーフィンをする

・勤務時間内にブログを更新したり、ツイートしたりする

・外出中に居眠りや寄り道をする

 


法律事務所に就職できる「AG法律アカデミー

個別無料相談会(説明会)のお申し込みは ➡ こちらから