法律事務職員の守秘義務


syuhi

法律事務所では、お客様の極めてプライベートな情報を扱うことになります。

弁護士は法律上守秘義務を負っています(弁護士法23条)が、
法律上守秘義務が定められていない法律事務職員も、弁護士の職務を補助する以上、
当然秘密を守らなければならず、みだりに情報を漏えいすることは許されません。

万一、法律事務職員が、お客様の情報を漏えいしてしまった場合は、
雇用主である弁護士が懲戒処分を受けてしまいます。
また、弁護士事務所を信頼してお話をしてくださったお客様や依頼者様に
多大な迷惑をかけてしまいます。

お客様のプライベートな情報に触れられる位置にいることを意識し、
家族や親しい友人であっても情報を漏えいしないよう細心の注意をはらいましょう。

 


法律事務所に就職できる「AG法律アカデミー

個別無料相談会(説明会)のお申し込みは ➡ こちらから