法律事務職員は具体的にどんな仕事をしているの?


shikaku

法律事務職員の仕事内容は、法律定められているわけではなく、多岐にわたります。

普通の会社では、社内で職務内容によって担当部署が分かれていますが、
弁護士事務所では、法律事務職員が、様々な業務を行っています。

大まかにいうと「秘書・事務の業務」「調査業務」「事務所経営業務」に区分されます。

 

秘書・事務の業務

秘書・事務の業務は、弁護士が職務に専念できるように、職場の環境を整える仕事です。
具体例としては、以下のような仕事が秘書・事務業務です。

・弁護士のスケジュールを管理する
・書類を作成したり、裁判所に提出したりする
・電話に対応したり、ファックスを送受信したりする
・郵送処理をする
・お客様にお茶を出したりご案内をしたりする
・事務所内を掃除する
・備品や印紙、小為替などの管理をする

 

調査業務

弁護士の右腕として、ある程度専門的な知識を持って、弁護士の職務遂行に必要な
調査を行います。ただし、あくまで弁護士の指示に従って、補助といえる範囲で
行わなければ、非弁活動として弁護士法違反になるので注意が必要です。
調査業務としては、以下のような職務が考えられます。

・必要な戸籍謄本や登記簿謄本などの必要書類を取り寄せる
・過去の裁判例や判例を調査する
・破産管財事件の債権届出書をまとめたりする

 

事務所経営業務

事務所を経営するための経理の処理や、税金の支払いなどを手伝うこともあります。
事務所経営業務としては、下記のものが考えられます。

・日々の帳簿をつける
・支払処理を行う
・給与の計算をする

 


法律事務所に就職できる「AG法律アカデミー

個別無料相談会(説明会)のお申し込みは ➡ こちらから