雨の日のビジネスマナー


kasa

皆さま、こんにちは。
普通のOLを法律事務のスペシャリストに変身させる
パラリーガル育成の専門家、高橋慎一です 😀 

東京は、今週いっぱいは雨が続くようです。
雨が降っていないときでも、常に雨模様。

仕事に行く際にも傘やレインコートは手放せません。

そこで、今回は、
雨の日に気を付けたいビジネスマナー
についてお話していこうと思います。

 

傘を開くときのマナー

傘を開くときは、
周囲に人がいないかしっかり確認しましょう。

特にワンタッチで開く傘の場合は、
ひらいた先端が人に当たってしまうなど、
思わぬトラブルを招来する可能性が高いです。

人のいない方向に向け
なるべく一気に開かないように手で押さえながら、
ゆっくりと開くように心がけましょう。

 

傘を閉じるときのマナー

傘は、屋内に入る前に閉じましょう。

傘をとじるときも、
傘の水滴が飛び散らないように、
人のいない方に向けて、
なるべくゆっくり閉じるように心がけましょう。

 

傘は傘立てに入れるかケースへ入れよう

濡れた傘をそのまま持ち歩くと、
水滴で床を濡らしてしまったり、
人に当たって服を濡らしてしまったり、
思わぬトラブル発生の原因になりかねません。

そこで、濡れた傘は、
軽く水気を飛ばしたうえで、
傘立てに立てるか、ケースに入れるようにしましょう。

最近では、長い傘であってもケースが販売されています。

例:SUSU 傘ケース ロング 山崎産業

kasacase

他人に迷惑をかけないように、
事前に傘ケースを用意しておきましょう。

 

替えの靴下等やタオルを用意しておこう

雨で濡れてしまったときのために、
替えのストッキングや靴下を用意しておきましょう。

バッグ等替えのきかないものについては、
水滴を拭くことができるよう、
ハンカチやタオルを用意しておきましょう。

 

化粧直しや整髪のための道具も用意しておこう

雨の日はどうしてもセットした髪がボサボサになったり、
水滴で化粧が一部落ちてしまったりということが起こりえます。

そこで、崩れた髪形や化粧を簡単に直せるよう、
整髪料や化粧直し道具をしっかり用意しておきましょう。

 

ビニール傘を使用するのは避けよう

就活や訪問の際に「突然雨が!」ということは少なくありません。

そのようなときに備えて、折り畳み傘をひとつ鞄に忍ばせておきましょう。
事前準備ができている。」と好印象につながります。

仮に折り畳み傘を用意していなかった場合でも、
ビニール傘を利用するのは控えたほうが良いです。

ビニール傘だとカジュアルないしフランクな印象になりやすいからです。
スーツでバッチリ決める以上、傘もフォーマルに揃えるのが無難です。

 

雨の日のビジネスマナーは思っている以上に重要です。

突然の雨にも慌てふためかないよう、
日頃よりしっかりと雨の日のマナーをチェックしておきましょうね。

 


法律事務所に就職できる「AG法律アカデミー

個別無料相談会(説明会)のお申し込みは ➡ こちらから