「特別送達」について


yuubinnposuto

皆さま、こんばんは。
普通のOLを法律事務のスペシャリストに変身させる
パラリーガル育成の専門家、高橋慎一です。

今日は「特別送達」 についてのお話です。

「特別送達」とは、書留郵便の特殊取扱のひとつで、

裁判所が訴状や判決などを訴訟当事者に送るときに用いられます。

 

特別送達郵便として処理を送った場合、
日本郵便株式会社が送達の事実を証明してくれます。

 

裁判所が特別送達郵便を発送した場合、
配達担当者は、受取人に受領印またはサインをもらい、
郵便送達報告書」を作成し、郵便認証司が認証します。

 

特別送達郵便を受けた場合、
裁判所にいつこちら側が受け取ったかが報告されるため、
法律事務職員は、受領日時をしっかりと記録しておく必要があります。

法律事務所では、特に期限が重要となります!!

万が一にも上訴期限を徒過しないためにも、
出来る限弁護士や先輩に報告するようにしましょう!

なお、事務所によっては、
弁護士が受け取るというルールが定められている場合もありますので、
事前にしっかりと弁護士や先輩に確認するようにしましょう。

 


法律事務所に就職できる「AG法律アカデミー

個別無料相談会(説明会)のお申し込みは :arrow: こちらから