「クッション言葉」を利用しよう!


arasa

人に何かを尋ねるときやお願いするときなど、
突然本題にはいってしまっては不躾な印象を与えることもありますよね。

そこで便利なのが「クッション言葉」です。

クッション言葉は、言いたい言葉の前に付することで、
ソフトな印象を与え、後に続く言葉を和らげる作用を果たしてくれます。

ここではクッション言葉をいくつか紹介していきます。

 

失礼ですが
相手にお名前をお伺いするときなどに用います。
「失礼ですが、お名前をお伺いできますでしょうか。」

 

:idea: ミニコラムー「お名前を頂戴する」のは間違い :idea: 
よく「お名前を頂戴してもよろしいですか。」と耳にしますが、これは間違いです。
「ちょうだいする」は「もらう」「受け取る」の謙譲語であり、
「名前」を「もらう」というのはおかしいからです。
「名刺」の場合は「お名刺を頂戴してもよろしいですか。」で正解ですが、
「名前」は「聞く」ものであって「もらう」ものではありません。間違いやすいので注意しましょう。

 

恐れ入りますが
相手にお願いするときなどに用います。
「恐れ入りますが、相談窓口までお越し頂きます様お願い申し上げます。」

 

あいにくですが
お客様のお願いに応じることができない場合などに用います。
「あいにくですが、山田はただいま席をはずしております。」

 

ご足労ですが
お客様にもう一度来訪をお願いするときなどに用います。
「ご足労ですが、二時間後にもう一度いらしていただけますでしょうか。」

 

お差し支えなければ
自分が代わりに何かをするときなどに用います。
「お差し支えなければ、私が資料をお持ちいたしましょうか。」

 

勝手を申しますが
こちらの都合で何かをお願いするときなどに用います。
「勝手を申し上げますが、時間をご変更頂きたく存じます。」

 

お手数をお掛け致しますが
相手に何かをお願いしたいときなどに用います。
「お手数をお掛け致しますが、三日以内にご返信頂きます様お願い申し上げます。」

 

ご迷惑をお掛け致しますが
相手に迷惑をかけてしまうような場合などに用います。
「ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。」

 

 :idea: ミニコラムー「すいません」は用いない :idea: 
よく「すいませんが」をクッション言葉として用いる方がいらっしゃいますが、
「すいません」はビジネスの会話では不適切な用語なので用いないようにしましょう。

 


法律事務所に就職できる「AG法律アカデミー

個別無料相談会(説明会)のお申し込みは :arrow: こちらから