「いつも大変お世話になっております」という表現は間違い?


fax2

一般企業での電話の受け答えの際には、
「○○会社の××でございます。いつも大変お世話になっております。」
というお決まり文句を遣っていることとと思います。

しかしながら、法律事務所の場合は、
この当たり前の言い回しが不自然になってしまうような場合もあります。

例えば、事件の依頼者の相手方
あるいは相手方弁護士が電話の相手であるような場合には、
お世話をする・しないの関係ではなく、敵対する関係ですから、
このような場合に「お世話になっております。」
というのは多少違和感を覚えてしまいます。

このような場合は、「お世話になっております。」ではなく、
「お電話ありがとうございます。」や
「お忙しいところ誠に恐縮です。」など
他の表現を用いるようにしてはいかがでしょうか。

ただし、例え電話相手が敵対する相手方であったとしても、
失礼のないように丁寧に対応するよう心掛けましょう。

 


法律事務所に就職できる「AG法律アカデミー

個別無料相談会(説明会)のお申し込みは     :arrow:  こちらから