法律事務職員の給与ってどのくらい?


okane

Q:大手法律事務所の秘書や事務スタッフと、
一般企業の一般職では、お給料の面で、違いがあるのでしょうか?

初任給を見ると、企業の一般職よりも、法律事務所の方が高いのですが、
年齢が上がっていった時にはどちらが良いのでしょうか?

法律事務所は四季報などにも載っておらず、情報が乏しいので教えて下さい。

 

A:ご回答させて頂きます。
 まず、給与の違いですが、
一般法律事務職員の給与は決して高くありませんが、
一般企業よりは多少よいかもしれません。

 法律事務職員でも「法律事務専門職」になると
高度な法律知識が必要になりますので、
給与は大きく上がります。

 次に、給与の上がり方ですが、秘書業務専門であれば、
あまり大きくは上がらないでしょう。

一般法律事務もやるというのであれば、
そのスキルに応じてある程度までは上がります。

 ちなみに、大手の法律事務所でない限り、
法律事務職員は、秘書業務と一般事務を兼ねるのが通常です。

 法律事務職員と一般企業の事務職員とで一番異なるのは、転職の強さです

 法律事務職員の仕事は、よく看護師の仕事に例えられます。
看護師さんは、その資格を有していれば日本全国どこでも転職が可能ですよね。

 法律事務職員という仕事は、経験の蓄積がものをいう仕事ですので、
そのスキルがあれば看護師さん同様、
全国どこの法律事務所でも転職できます

 また、転職先としては法律事務所に限りません

司法書士事務所や民間企業の法務部での需要も高いですよ。

 


法律事務所に就職できる「AG法律アカデミー

個別無料相談会(説明会)のお申し込みは :arrow: こちらから