理想の法律事務職員(パラリーガル)に近づくために

941b7dc0f1e59aea7d06801fb2682f8b_s

明けましておめでとうございます。

2016年、

新しい年が始まりました。

 

皆さんは今年、

どんな目標を立てましたか?

 

赤ちゃんは、寝返りが打てるようになったり

ハイハイできるようになったりと

日々成長が見られますよね。

 

でも大人になると

自分が成長しているのかどうか見えづらくなり、

自分が進んでいる道が正しいのかどうか不安になります。

 

そのため、せっかく立てた目標も途中であきらめがちですね・・・。

 

でも少しだけ立ち止まってみてください。

 

昨日まで時間がかかっていた

裁判所への提出書面の準備がスムーズにできるようになったり、

民事保全手続きができるようになったり、

後輩に指導するような立場になったりしていませんか?

 

大人になってからの成長は

他人褒められたり

喜ばれたりすることは少なくなります。

でも一番大事なことは、他人から認められることよりも

自分が成長したと自信を持つことです。

 

そのためにも目標設定は大切です。

 

何か一つでも得意なことを見つけて

・・・たとえば、

「お客様を気持ちよくお迎えすること」でもいいのです。

自分にしかできないことを伸ばしていきましょう。

 

一つでも自信が持てれば

その他の仕事も自信が持てるようになります。

 

また、自分が理想とする法律事務職員の姿を

思い描いてみてください。

いまいち思い浮かばないという方は

法律事務所を舞台としたドラマを見るとリアルに描きやすいですよ。

(真似できない。真似してはいけないシチュエーションもありますが・・(^_^;))

 

理想とする法律事務職員は

どんな表情をしていますか?

またどんな立ち振る舞いをしているでしょうか。

そんな理想に近づくにはどんな知識を身につければいいでしょうか?

 

今から法律事務職員を目指す方

また、すでに法律事務職員として頑張っている方

どんな方も「こんな風に働きたい」と思い描いたものがあると思います。

 

新年始まったばかり、

楽しく、充実した一年を過ごすためにも

具体的な目標を持って

一日を大切にに過ごしましょう。

 

今年も「AG法律アカデミー」スタッフ一同、

一人でも多くの方が目標達成できるよう

精神誠意真心を込めて、サポートさせていただきます!

 

===================================

~普通のOLを法律事務のスペシャリストに変身させる~

パラリーガル育成の専門家 高橋慎一