小説よりも面白い「事件記録」!

d15beeecc57cf37801ff0370eef56374_s

法律事務職員(パラリーガル)であれば

必ず携わることになる

答弁書や準備書面のチェック。

 

法律事務職員が行う仕事は、

誤字脱字の確認、

慣れてくれば論理的に構成が間違っていないかも

チェックすることになります。

 

相手方の書面も合わせて

1つの「事件記録」となるわけですが

この「事件記録」が、ドラマや小説よりも面白いんです。

(もちろんinterestingの意味で)

 

特に民事事件となると

離婚や、交通事故、相続、建物明渡しなどといった

ファンタジーやフィクションではない、

実際身近に起こり得る事件を目の当たりにすることになります。

 

「うちの事務所の先生はこう切り返すのか」

「相手方がこんな主張をしてきた!」

「こんな法律根拠があるんだ~」

といったように毎回新しい発見があります。

 

また、一人ひとりに事情や心情があり、

そこに至るまでのドラマがありと、

ますますクライアントの為にも

慎重に、間違いなく手続きを進めなきゃと身が引き締まります。

 

もちろんお仕事の一環ですので

じっくり読み込み、感情にひたることは

業務時間内では難しいですが・・・。

 

 

もし文章を読むのが苦手という方は、

有名な判例を少しずつ読むようにしてみてください。

要旨を読むだけでも、準備書面でよく使われる言葉や

文章の構成など感覚でつかめるようになってきます。

 

堅苦しく考えず、まずは小説を読むように。

 

1つの仕事を「作業」としてとらえるか、

「自分の仕事」として気持ちをいれて仕事をするかで

面白さは違ってきます。

 

モチベーションアップは工夫次第、

自分の考え方次第です!!

 

——————————————————-

~普通のOLを法律事務のスペシャリストに変身させる~

パラリーガル育成の専門家 高橋慎一