お客様へのお茶の出し方<番外編>


 お茶 番外編

法律事務のスペシャリストになるには

ホスピタリティも重要な要素のひとつ。

 

お茶を出してそのまま・・・??

 

法律相談が1時間以上も続けば、

暖かいお茶も冷め、

緊張しながらいらっしゃった相談者の方の喉も乾いてくる頃です。

 

そんな時にお茶のお替りをお持ちすると

緊張も和らぎ、お話も前向きに進むことがあります。

 

事務所によっては、相談されている部屋に途中で入室しにくい、

あるいは禁じられているかもしれませんね。

 

でも、ホスピタリティは大事にしたいもの。

 

弁護士の先生、若しくは事務所の先輩に相談して

各事務所に合ったホスピタリティで

お客様をお迎えできるようにしたいですね。

 

パラリーガル育成の専門家 高橋慎一