パラリーガル業務でよく聞く「クリーンコピー」って何?


gurahu

以前、「直送」って何だろう?という記事で、
FAXで読み取りにくい文書を送る際には、
クリーンコピーを弁護士に渡しましょうと記載したところ、

クリーンコピーって何ですか? :-| 

というご質問を頂いたため、
今回はクリーンコピーについて説明していきます :-) 

 

クリーンコピーって?

クリーンコピーは、
資料や書類の鮮明なコピーをいいます。

 

法律事務でクリーンコピーをとるのはこんな場合

クリーンコピーをとる場合は、
一言で表すと「読み取りにくい場合」です。

例えば、小さい文字の記載された文書や、
カラー写真の添付された資料をFAXで送る場合です。

裁判所から、
「クリーンコピーを送ってください」
と連絡が入る場合もあります。

 

なぜクリーンコピーをとるの?

クリーンコピーを何のためにとるのか?
それは、あらためて裁判所等に送付するためです。

期限との関係などで、
準備書類や書証をとりあえず先にFAXで送ったのち、
あらためてクリーンコピーを送ります

 

FAXを送る際に予告しておこう

クリーンコピーを送る予定がある場合には、
FAXを送信する際に、あらかじめ送信状等に、

「クリーンコピーを後ほど改めて送付いたします。」

旨記載しておくと親切です。

 

 

時間に余裕をもって準備するに越したことはないですが、
FAXで済ませてしまうことも多いのも事実です。

特に鮮明さが要求される準備書面や書証を用いる
法律事務ならではのちょっとしたコツですね :idea: 

 


法律事務所に就職できる「AG法律アカデミー

個別無料相談会(説明会)のお申し込みは :arrow: こちらから