法律事務職員(パラリーガル)として求められる男性の人物像について


syuukatu

 

以前「男性でも法律事務職員(パラリーガル)になれますか?
という記事で、男性と女性とでは、同じ法律事務職員でも
求められる人物像が異なっているとお話ししました。

今回は「法律事務職員として求められる男性の人物像」について
お話ししていきたいと思います。

法律事務職員として求められる男性は、
一言であらわすと「勤勉でタフな男」です。

 

向上心が強く、努力を怠らない人

男性の法律事務職員が
専門的スキルを身につけられなかった場合、
代わりにさせる仕事がほとんどありません

とすると、男性の法律事務職員は、専門的な業務をこなせるよう
専門的スキルをしっかりと身につける必要があります。

そして、専門的知識の習得、スキルアップには
向上心と不断の努力が欠かせません

従って、男性法律事務職員には、
向上心が強く、努力を怠らない人が求められます。

 

怯まずに立ち向かう精神的なタフさを持った人

弁護士が扱う案件の中には、
強圧的な債権者や依頼者とかかわりを
持たざるを得ない場合が多く存在します。

そのような方々と対峙する場合、
女性法律事務職員では太刀打ちできません。

主張しなければならないときに怯んでしまい、
怖がって発言できないというのでは話にならないからです。

従って、男性法律事務職員には、
強圧的な相手にも怯まずに立ち向かうことのできる
精神的なタフさを持った人が求められます。

 

以上が、男性法律事務職員に特に求められる点です :-) 

 


法律事務所に就職できる「AG法律アカデミー

個別無料相談会(説明会)のお申し込みは :arrow: こちらから