電話内容のメモを効率よくとるコツをお教えします!


法律事務職員の仕事には、電話対応も当然含まれます。

電話に出る場合、
録音しておいたほうが良い場合もありますが、
基本的には相手の話を聴きながらメモをとります。

今回は「うまくメモをとることができない :cry: 」という方のために、
電話に対応しながらメモをとるコツについて説明していきます。

 

あらかじめ電話メモのひな形を用意しておく

dennwamemoteisei

こんな簡単なひな形を用意しておくだけでも、
メモをとる際の文字数を節約することができます。

手書きのひな形を複数枚コピーしておくのも良いですし、
ワードやエクセルなどで作成しておく方法もあります。

最近では100円以下で電話メモを買えるので、
自分で作成するのが面倒という方は
買っておくのも良いと思います :-) 

(100円以下の電話メモの例)

dennwahyaku

 

なるべくカタカナを使う

例えば「高橋」より「タカハシ」のほうが書く速度が上がります。

カタカナで差し支えない言葉については、
カタカナで記載するよう日頃より訓練しておくと良いと思います :-D 

 

法律用語は独特の記号を用いて表現することも

ryakuji

 

法律の世界には、上記のような記号がたくさんあります :-P 

弁護士や先輩にイロイロ訊いてみると良いかもしれませんね。

 


法律事務所に就職できる「AG法律アカデミー

個別無料相談会(説明会)のお申し込みは :arrow: こちらから